0学占いは日本発祥

「0学」は、日本独自の占いです。四柱推命や占星術といった、学問的な考え方をしますが、その開祖は御射山宇彦という人物です。時代は比較的新しく、0学が誕生したのは1940年(昭和15年)とされています。長野県に生まれた、御射山宇彦は、幼少の頃より占いの才能があり、成人してからは新宿で易を行なっていました。そのうちに、星と運命を結びつける四柱推命のような考え方を独自に編み出し、これを「0学」と名づけました。勘違いしやすいのは、0学そのものは統計学的な考え方そのものであり、この考え方に基づいた運命などの診断を「0学占い」といいます。統計学的な占いは多数ありますが、日本発祥という部分から考えても、0学はもっと広まってもよい占いといえます。0学占いの際に最も重視すべきは、自分の星を知るということです。0学では生年月日を「0星」に当てはめて、さらにそれを細かく「支配星」に振り分ける、という考え方をします。「0星」は水王星、木王星、月王星、火王星、金王星、土王星の6つです。また「支配星」は、6つの「0星」を陽と陰に分けた、合計12の星となります。このように星に結び付けての考えという意味でも、他の占いとよく似ている部分があるのです。お金の悩みなんかを占ってもらう人も多く闇金問題とかはさすがに闇金に強い弁護士さんとかに相談したほうが良いと思うのですが、闇金ではなく一般的な借金に悩んでるとかそういったレベルであれば相談してみる価値はあるでしょう。気休めに。

古代中国の秘法的な占い「算命学」

壮大な時代劇である「三国志」を見ていると、蜀の天才軍師である諸葛孔明がよく星を見ています。その結果、さまざまな軍略を思いついたり、自分の寿命を推し量ったりもしています。クライマックスである「五丈原の戦い」では、尽きかけた自分の寿命を延ばそうとするくだりがありますが、この時も星空の下で行なわれます。こうした表現は、中国の古代において、人々の運命が星と密接に関連していることを示しています。自然科学・万象学をベースにしたこうした考え方を「算命学」と言い、古代中国の王家などに受け継がれた秘法と言われています。そして、この算命学の一部は現在姿を変えて、占いとして応用されています。「人はこの世に生まれた時、この世との接点として、誕生日を与えられる」というのが算命学の基本です。その誕生日を干支暦に置き換え、そこから一定のルールに従って、5つの十大主星と3つの十二大従星を算出します。この星を見て、個人の性格や運気を読み取っていくのが算命学という占いです。十大主星は個人の性格、十二大従星は個人の人生の行程を示しています。